整体師・エステ・エステティシャンロミロミマッサージの技術取得。本気で目指す方のスクール。静岡県掛川市。フミユセラピストアカデミー

プロの整体師を養成する
今後の展開として、すこしFTAの目指すところを書いてみましょう。

「プロの整体師」を育成する!このことと同時に必要なことは、「家庭内整体士」を作る!ということです。まあ、言ってみれば、「健康トレーナー」のようなものです。目標としては、日本全国に、一世帯に一人です。これは大変壮大な目標なのですが、おそらく、達成できないでしょう。どんな「宗教」でも、どんな「ビジネス」でも、全て日本を網羅するなどということは、実際にはあり得ないのです。でも、そういうつもりになる。そして、そんな大それた目標を持っている!という「大ボラ」を吹くというのが、大切だと、私はいつも考えます。

野球選手は、打率3割を目指す人は、3割に満たない。TVのプロューサーは、視聴率20%を目指すと、20%には程遠い数字になる。「目指す」高さによって、現実が左右されることぐらい、私のたいした事ない、これまでの人生の中で勉強しました。

あらためて、目標を宣言すると、「弟子を全国に2000人」その弟子達が、「家庭整体士をつくるための活動をする」。その中の優秀な人が、独立開業をする(直営店)。各店舗の集客人数は1日200人。と、こんな大それたことを本気で考えています。しかも、肩の力は抜けています。方法論は、山ほどありますが、まずは、私がイメージしきれないと、始まらないでしょう。

 

そう言えば、小学生の頃、町内の同級生たちに、私は「ホラ吹き」「ペテン師」(笑)と言われたことを今思い出しました。いつも、ホラばかり吹いて、大風呂敷を敷いたし、そのための手段、方法、戦略を、小さい頃から図にしたり、書いたり、友達に見せたりして、楽しんでいたからです。そういうプランは、小学生ながら、良識ある同級生から見ると、詐欺師かペテン師のごとく、整合性があったのかもしれません。

「なるわけネーだろ?・・・でも、なったらすげェ~」「この方法と順番なら、そうなるかも・・。それにしてもこんなことを考えるオメエはペテン師だあ~!」とこんなわけです。

私の小さいころに「プロデュース」とか「企画」とか「コンサルティング」とか「ノウハウ」なんて言葉はなかったのです。つまり、こういう表現力がなかった仲間は「ペテン師・ホラ吹き」という表現をしたのでしょう・・・、と勝手に思っています。

とにかく、本当はどうなっていくのか、そんなことは誰にもわからない。だからこそ、イメージを鮮明にしておかなければ、見えないですよね。

イメージをするためには、いろんなところを見て、情報を収集しなければ、イメージしようがありません。例えば。IT起業家は、ヒルズ族を見て、イメージするがごとし。ところが、我が業界は、それぞれが小さな単体で、イメージさせてくれる人、させてくれる場所が全くありません。それが今のところ、玉に瑕。

そしてそこが!大きなチャンス。

 

・・・・・・『完』・・・・・・

 

<<手に職 技はアート | FTAコラムTOP>>

>  FTAコラム > プロの整体師を養成する